在宅医療に携わる医師にとって負担の大きさは?

かかりつけ医師の負担を調査した結果が公表

されています。

1.在宅患者への24時間対応

2.患者に処方されているすべての医薬品の管理

3.患者が受診しているすべての医療機関の把握

となりました。

逆に言うと、このような内容が、クリアできると

地域包括診療料が算定可能になります。

次回のかかりつけ医療研究塾はこのようなテーマで

開催される予定です。

ご期待下さい。

ログイン