診療報酬改定の発表がありました。

今回は、在宅医療の体制を整えている診療所に対して、加算がありました。

これは、より、連携を強化した診療所への加算と考えられます。

次回の弊社運営の、「かかりつけ医療研究塾」はその部分に

焦点をあてています。http://careerdemedical.com/%E3%81%8B%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%81%A4%E3%81%91%E5%8C%BB%E7%99%82%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%A1%BE%E7%AC%AC%EF%BC%92%E5%9B%9E%E9%96%8B%E5%82%AC/

かかりつけ医療研究塾第2回開催

 

政府は昨年12月、医師や薬剤師らの技術料にあたる「本体」部分を0・55%引き上げ、医薬品など「薬価」部分(医療材料含む)は1・74%下げることとし、全体でマイナス1・19%の改定率を決定。これを踏まえ、中医協が個別の点数を決めた。

高齢化に伴い、厚労省は25年には在宅医療を利用する患者数は100万人超になると推計している。在宅医療を担うかかりつけ医の機能を強化するため、初診時に800円を加算する制度を新設する。夜間や休日でも電話などで対応が可能な医師を配置している診療所などが対象となる。

https://www.m3.com/news/general/584959?dcf_doctor=false&portalId=mailmag&mmp=MD180208&mc.l=274549564&eml=e6103d2b5a4324afe2d7759ce7917a03

弊社の「かかりつけ医療研究塾 第2回」への

ご参加をお願いします。

かかりつけ医療研究塾第2回開催

ログイン