耐性菌の広がりの抑止策が診療報酬に導入されました。

耐性菌の広がりの抑止策が診療報酬に導入されました。

以前は、抗生物質は頻繁に処方されていたような気がします。

しかしながら、これからは耐性菌の拡散を抑止する為に

新たな仕組みの登場です。

今回の診療報酬改定以降、

風邪や下痢で初診の3歳未満に、手引に基づき抗生物質が不要と

医師が判断した場合に病院や診療所側に800円が支払われる。

そのうちの2割を患者が負担するということです。

確かに、将来に渡って、菌に強い子供を育てれば、

国全体としての医療費は低下するかもしれません。

日本人が、衛生上、海外でよく下痢や、食中毒を起こす

ことと似たことでしょうか?

リンクは以下です。

https://www.asahi.com/articles/ASL277TGNL27ULBJ020.html

かかりつけ医療研究塾第2回については

こちらからです。

かかりつけ医療研究塾第2回開催

ログイン