人間と羊のハイブリッド胎児の作製に成功

臓器移植の順番待ちの課題を解決するために

様々な研究が行われているようです。

キメラ(異なる2種の生物に由来する細胞をあわせ持つ生物)を作ろうというのもそうした

試みの一つで、ブタやヒツジの体内で人間の臓器を育てる方法を模索している。

2017年には、研究者らがラットの体内でマウスの膵臓を育てることに成功し、

さらにはその膵臓を移植することによって、糖尿病のマウスを治療できることを証明してみせた。

このような、研究は倫理的な問題も含むが、臓器病気で苦しむ人には大変

ありがたい研究であり、希望の星である。

時間はかかるが必要な研究だと思われる。食事制限だけでは治癒が

出来なくなった臓器を移植で復元することが出来たら

病も、克服できる時代が来るかもしれない。

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/022000076/

かかりつけ医療研究塾 第2回が開催されます。

関心のある、医療関係者の方は参考に

なる意見があると思われます。

是非、ご参加下さい。

かかりつけ医療研究塾第2回開催

ログイン