オンライン診療の事例説明の記事です。

オンライン診療が、保険適用になった

ということでしたが、一体、どうすれば

いいのか?というのが多くの医療関係者の

疑問だったのではないでしょうか?

対象は継続した治療が必要な患者さんで

3ヶ月に1回以上は対面診療が必要です。

 

また、医療機関の要件は

1.概ね30分程度で対面診療ができる。

2.オンライン診療の割合が一定以下。

ということです。

あとは具体的な事例としては、

一人暮らしの高齢の方が

自分でパソコンを立ち上げることが

出来るのか?という部分はそれを助ける

方法が必要です。

確かに、地方の在住の高齢者にとって

車などの運転ができない方には通院ほど

病気を悪化させるあるいは生活を困窮させる

ものはありません。

この部分を大きく補助できるオンライン診療は

未来に期待を抱ける医療となる可能性大でしょう。

http://www.sankei.com/life/news/180301/lif1803010008-n5.html

今回のかかりつけ医療研究塾 第2回は3人の理事長が

登壇されます。オンライン診療についても是非、ご意見を

聞きたいと思います。

参加の方はこちらからお申込みおねがいします。

かかりつけ医療研究塾第2回開催

ログイン