大病院の基準が下がることで病院経営にどのような影響が・・・

いわゆる、大病院の基準が500床から400床に引き下げられました。

また、病床も許可病床という名目に文言も変化しました。

これは何を意図しているのか?

いくつかの論点があります。

1.再診時に2500円以上の上乗せを義務づける制度

2.紹介状を持った患者の割合が低すぎると、初診料などが診療報酬からカットされるペナルティー

3.重症者向けの急性期病床をあまり減らさないため、リハビリなど在宅復帰を支援する「地域包括ケア病棟」

の届け出が1病棟に制限される

 

などです。患者目線ではいまいちわかりずらい部分ですが

このような要件が厳しくなるということは、経営環境がより

厳しいものになることは間違いありません。

診療報酬改定も、引き続き、急性期医療を減らす方向である

ことは間違いないようです。

「大病院」って、ベッドが何床以上?…診療報酬改定で基準下げ

ログイン