オンライン診療は、患者との合意が前提ということです

オンライン診療が、保険適用になることが

決まりました。

それに関わって、様々な意見が交わされています。

当然、多くの事例が起きることが予想されます。

いい面では、通院の手間を省くことができる。

悪い面では、いたずらに、オンライン診療ばかりする

診療が増えないかということでしょう。

原則として、一人の医師又は、診療所の患者全体の

10%以内に抑えることが基準ということです。

また、対面でも30分程度で行けることが前提です。

また、通院の手間が省ければ、タクシー代金の節約

など高齢者にとってありがたい部分もクローズアップ

する必要もあるでしょう。

https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/60613/Default.aspx

今後、まだまだ議論の余地があります。

かかりつけ医療研究塾 第2回で議論したい内容です。

かかりつけ医療研究塾第2回開催

ログイン