これまでの、看護師の需給逼迫が改善の方向に進むのか?

これまで、病院勤務の看護師の需要が

実際の必要以上に厳しかった原因として

7対1入金基本料の算定を得るためのという

医療機関側の事情があった。今回、その

部分にメスが入ったということ。

重症度、医療・看護必要に応じて、その

診療報酬を下げた、あるいは階段をなだらかに

したと言える。これは図らずも、看護師の

需給逼迫っを少し、緩めるが現場からは

そんなことは言えないだろう。なぜなら、

退職者が出る場合は、いつになるかわからない。

そう考えると、採用は常に予断の無い状態が継続し

ていくのではないか?

https://www.m3.com/news/iryoishin/589910

かかりつけ医療研究塾 第2回は

4月7日 15時~です。

参加希望者はお早めにお願いします。

残り席はわずかです。

かかりつけ医療研究塾第2回開催

ログイン