病院が単独で、病棟を転換する時代が終わり、地域の実情を鑑みながら早期の決断が必要か?

2018年 診療報酬改定では、

急性期だけではなく、療養型に該当する

病棟にも変化がもたらされた。

これまで、駆け込み寺となっていた、

地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟

への要件が厳しくなった。

地域包括ケア病棟は、1病院、1病棟に制限されたほか、

同一敷地内に訪問看護ステーションがあることが要件と

されました。

回復期リハビリテーション病棟はすでに過剰な状態に

なっているため、質の向上が欠かせないようです。

理学療法士などのスタッフ集めも困難なうえ、

リハビリテーション科に精通した医師の確保は大変です。

逆に言うと、回復期リハビリテーションに勤務する医師は

引く手あまたと言えそうです。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/nhc/201802/554872.html?n_cid=nbpnmo_mled

 

ログイン