施設系在宅医療の動向はどうなるのか?

施設系在宅医療の診療報酬は今回は変動無しとなりました。

しかしながら、2年先を見据えて、撤退する在宅診療所が

増加する傾向があるようです。

いろいろな理由があるようです。

*徐々に点数が下がっているため2年後にはさらに減ることを予想して

*包括的支援加算がいずれ訪問診療の必須要件になると考えると、

適応外の患者さんばかり診ている施設在宅は継続不可能と考えたから

*オンライン診療が今回導入されたため次回からは施設系にはオンライン診療

がある程度導入されるであろう。対応していくことが困難なため。

*単純に収益と医師の給与のバランスがとれなくなってこれ以上は継続が難しいのでは

ないかという理由のようです。参考リンク

【2018年診療報酬改定の余波】施設系在宅医療からの撤退が始まった・・・

参考になる内容です。

4月7日開催のかかりつけ医療研究塾第2回では

現在施設系在宅医療を行う、現役院長も登壇されます。

ご希望の方は、ぜひ、ご参加をお願い致します。

質疑応答で直接の質問が可能です。

かかりつけ医療研究塾第2回開催

ログイン