群馬大学、診療報酬を返還へ 不正・不当請求13億円ということです。

群馬大学、診療報酬を返還へ 不正・不当請求13億円ということです。

同病院では14年に男性医師の腹腔鏡や開腹の手術を受けた18人の死亡が判明。

その後、さらに12人の死亡なども明らかになっている。

いろいろな意見があるようです。

オペの失敗から、特に厳しく審査されたのではないか?

とも言われています。しかしながら、不正・不当には間違いないです。

診療報酬は税金の一部です。襟を正す必要があります。

https://mainichi.jp/articles/20180324/k00/00m/040/160000c

 

ログイン