オンライン診療は、次の改定への指針として捉えるか?

多くの議論がされているオンライン診療です。

ただし、今まで、全く考えもされていなかった

ことを考慮すると大きな前進と言えるようです。

要件が厳しいという話もあるようですが

インテグリティ・ヘルスケア会長の武藤氏は

「74%の医療機関でオンライン診療が算定可能に」

という話をされています。

どのようなビジネスにも仕組みが必要。

医療もそれには準備が必要。

無駄なく、スムースな流れを構築するには

いきなりすべてを許可してやってみろではなく。

まずは、初歩的なところから取り組んで

下さいという意味でしょう。

2018年からの2年間は、次の改定までの

準備期間であり、そのための多くの

試みを実行する必要がある。

http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/040100163/040300079/?ST=health&P=1

ログイン