オンライン診療が逆に、より、深く患者と向き合う可能性も

誰でも経験があるとは思いますが

例えば、外国人の方が一生懸命話す内容を

理解しようとする。

小さな子供の話をできるだけ理解しようとする。

あるいは、病気で寝たきりの患者さんの意識を

わかろうとする。など、言葉や、意識の伝達が

不自由なほうが分かりあうことができる例は

少なくない。

今回の、オンライン診療はそのような意味合いも

含んだ、ものであるようです。

目の前に重症の患者さんがいても見落としがあるように

オンライン診療だから、正確性に欠くとは限らない。

このようなことは医療でも起こりえる。

まずはトライアルすべしということです。

https://www.businessinsider.jp/post-165213

ログイン