開業医師の方向性が問われる時代へ

「地域の開業医は,”臓器別主治医”として各自のプロフェッションで生きるのか,

あるいは、”かかりつけ医”という超高齢社会における地域のジェネラリストとして

生きるのか,あるいはその双方の機能を確保するのか,選択を迫られることになる。」

と佐々木理事長(医療法人社団 悠翔会)が記すように、一人で

全てをこなすことができない時代になったようです。

また、地域包括診療料がより要件が緩和されたことでその

意味付けが変化したようです。

外来 → 地域包括診療料体制 → 在宅医療

という重症度に応じて、診療の内容と態勢を変化させていく準備が

整ったといえるのではないでしょうか?

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03269_02

ログイン