900人の糖尿病患者に協力してもらって臨床試験を実施したところ、精度87.4%で網膜症の発見に成功

FDAが糖尿病網膜症の診断が

可能なAI機器に販売の許可を与えたという話。

診断が可能なだけでは、物足りないと思うかも知れないが、

これまでは医師の診断が、必要だったことを考えると

やはり、驚くべきこと。実際には、眼科医師の多くは

診断だけで、通常は、治療、オペは他の専門医師が

行うことを考えると、診断の部分がAIに代わるように

なったことで大きな前進なのだろう。

https://japan.cnet.com/article/35117824/

ログイン