人口要因、2030年以降は医療費減に

今は、2025年の

団塊世代の75歳への到達に対して

医療費、特に高齢者医療に対して

多くの費用が割かれている。

しかし、そのあとはどうなるのか?

作った箱物はどうなるのか?

誰も答えは持ち合わせていない。

超高齢化で少子化の社会はだれも

経験したことがないからだろう。

それを予測してくれるのが厚生労働省の

仕事だと感じるがいかがか?

少子化の、少ない担い手をどうするか?

あわてて手を打つことはできない問題

だと思います。長期の視点が必要です。

https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/60743/Default.aspx

ログイン