オンライン診療の有用性に注目。

制限がかかるオンライン診療。

ただし、以前より電話診療などに取り組んで

きた先生はその有用性と、どのようなパターンに

適しているのか?の適切な事例をお持ちのようだ。

今回の新聞記事を読み解くと、

① 多忙によって、通院を中断した患者さん

への有用性

② 難病治療への密接な対応

などの効果が上がっているようだ。

①は、患者さんの論理で、行けないものを

サポートする。

②は、難病ゆえの医師側のイレギュラーな対応

また経験知の不足に対して、密な対応が必要であり

それを克服するために効果がある。ということ。

条件が厳しいという話よりも、やはり、患者目線

からの対応力によって結果は大きく変わってくる

ということが言えそうである。

 

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2018050802000002.html

ログイン