東京医科大学での女子減点に、医師は何を思うのか?

今回の問題について、現場の医師からの意見は

思っていたより辛辣なようでした。

それは、女性医師が対応できないような

場面に出くわしたことがあるからでしょう。

一番効果がある対応策として、最初から

定員に、男女比率を設ける。というものが

あります。しかしながら、今のご時世に

このようなことをしたら、その医学部に対して

どれくらいに風当たりが強くなるかも

想像できます。男女差別に対する逆風

となり。それこそ、補助金も減らされる

可能性が高いでしょう。

しかし、当直ができない、また、オペの

ある科目を回避するなどで人手不足なら

今後も、医学部の定員を増やすしかない

のではないでしょうか。確かに、一方で

都内23区、名古屋市内、福岡市内など

生活が便利な場所は医師不足はあまり

聞いたことはありません。

 

https://epilogi.dr-10.com/articles/3146/

ログイン