オリンパス内視鏡使用後、欧米で190人院内感染、隠ぺいを行っていたのか?

オリンパスといえば、内視鏡のトップメーカー。

ただし、その経営体質は、以前もトラブルがあった。外国人社長の件である。

今回は、2件連続。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00010000-wordleaf-soci

社内弁護士が

オリンパスを相手取り訴訟

ということです。現時点では詳細は明らかになっていません。

中国子会社の不正ということです。

加えて、

十二指腸内視鏡による検査・治療後、欧米の患者190人以上が

抗生物質の効きにくい薬剤耐性菌に感染していたことが分かった。という

ことです。詳しくは明らかになっていませんが、隠ぺいの結果

このような訴訟が起きているらしいです。なんでも

ことなかれ主義が充満すると最終的には、大変なこと。

すなわち、最初からキチンとしておけばよかったという

ことになります。それは小さな組織でも同じです。

危険な兆候は必ずある。それを見逃さないこと。

小さなうちに予防する方法を考えてオープンに処理したほうが

結果的には痛手が少なくて済むということでしょうか。

せっかくのブランドが地に堕ちてしまいます。

もったいないことです。

https://www.sankei.com/life/news/181126/lif1811260010-n1.html

ログイン