がん発見を、AIがサポートする時代に・・・

オリンパスは25日、人工知能(AI)が大腸内の内視鏡画像を 解析するソフトウエアを3月8日に発売すると発表した。

がん発見、AIがサポート

オリンパスは25日、人工知能(AI)が大腸内の内視鏡画像を

解析するソフトウエアを3月8日に発売すると発表した。

これは、日本でも大変なことが起こってくる感じです。

オリンパスといえば、内視鏡の世界トップメーカー

でもあります。当然、社内には、多くの、データが

蓄積されています。そのデータから、初期の段階の

がんを判別し、良性か、悪性か?また、今後の

経過などを、AI学習させることで、すぐに人間の

能力を超えることが予想されます。

オリンピックのジャンプを見てもわかるように

掌の角度一つで、飛行距離が変わります。

また、昨年と同じように飛んでいたのでは、

距離も伸びません。これも、創意工夫を行う

ことで記録が伸びてきました。そのような強化学習を

あっという間に行うことができるのは人類にとって

大きなアドバンテージなるでしょう。

1人の人間の記録では一生に一回しか体験しない

がんという病気が多くの人に起こるケースを分析することで

急速にパターン認識を行うAIが人知を超えて飛躍的に

がん治療が進化することは間違いないでしょう。

大きな期待がもてる技術です。

https://this.kiji.is/472694590013817953?c=113147194022725109

ログイン

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索