メディカルビジネスインサイト

門前薬局は、10%の売り上げ減の模様。

薬剤費ベースで7.48%の引き下げの 中で、調剤薬局グループの中で門前薬局は 10%の売り上げ減という情勢の模様。 しかしながら、これから調剤薬局グループも 何かしらの手を打ってくるだろうことは 予想される。それには、か […]


調剤基本料 大型門剤薬局への厳しさ増す

今回の診療報酬改定では再度 薬局グループの調剤基本料の減算があった。 基本料は、 ▽減算のない調剤基本料1(41点)、 ▽調剤基本料2:処方箋受付回数月4000回超かつ集中率70%超、処方箋受付回数月2000回超かつ集中 […]


ポリファーマシー解消が話題です。

これまで多くの患者さんが、それぞれ 好きな診療科に行って、好きなだけ薬を もらって必ず飲まないといけないという 風に服用してきた。薬局も分かっていても 口出しができない状態だった。そこに ようやくメスが入った。 2018 […]


オンライン診療の有用性に注目。

制限がかかるオンライン診療。 ただし、以前より電話診療などに取り組んで きた先生はその有用性と、どのようなパターンに 適しているのか?の適切な事例をお持ちのようだ。 今回の新聞記事を読み解くと、 ① 多忙によって、通院を […]


再び、オンライン診療が話題の中心に

オンライン診療料を算定できるのは、特定疾患療養管理料や 難病外来指導管理料、地域包括診療料、生活習慣病管理料など、 10種類の管理料や指導料のいずれかを算定している患者。 いろいろな意見があるようです。 ただ、現状は保険 […]


かかりつけ医として患者を診た場合、初診料に800円 を加算する「機能強化加算」

厚生労働省は4年前の改定で、かかりつけ医の機能を評価する仕組みを作った。 超高齢化社会では入院から自宅療養へのシフトが必要で、その担い手として、 より重要と考えるためだ。 これまでかかりつけ医を自負してきた開業医は多数い […]


人口要因、2030年以降は医療費減に

今は、2025年の 団塊世代の75歳への到達に対して 医療費、特に高齢者医療に対して 多くの費用が割かれている。 しかし、そのあとはどうなるのか? 作った箱物はどうなるのか? 誰も答えは持ち合わせていない。 超高齢化で少 […]


高齢者の医療費を3割負担にする意見が出ている

政府の基本方針でこのような 議論がされている。 確かに、医療の負担が社会保障費の中で大きいのは事実。 それは、これまで、日本の社会が目指して来た ものがそこにあったから。 以前はほとんどの人が窓口負担は1割の時期もあった […]


900人の糖尿病患者に協力してもらって臨床試験を実施したところ、精度87.4%で網膜症の発見に成功

FDAが糖尿病網膜症の診断が 可能なAI機器に販売の許可を与えたという話。 診断が可能なだけでは、物足りないと思うかも知れないが、 これまでは医師の診断が、必要だったことを考えると やはり、驚くべきこと。実際には、眼科医 […]


開業医師の方向性が問われる時代へ

「地域の開業医は,”臓器別主治医”として各自のプロフェッションで生きるのか, あるいは、”かかりつけ医”という超高齢社会における地域のジェネラリストとして 生きるのか,あるいはその双方の機能を確保するのか,選択を迫られる […]