メディカルビジネスインサイト

「電子カルテの標準化」についての議論が高まっているようです。

かかりつけ医療を推進するという 方向性は、よく理解できます。 しかしながら、いつも問題に なるのが、病診連携、病院間連携など の、カルテの共有です。そこまでの 重要な、個人情報を簡単に共有していいのか? というのが、医療 […]


東京医科大学での女子減点に、医師は何を思うのか?

今回の問題について、現場の医師からの意見は 思っていたより辛辣なようでした。 それは、女性医師が対応できないような 場面に出くわしたことがあるからでしょう。 一番効果がある対応策として、最初から 定員に、男女比率を設ける […]


医療の東西格差 西日本に医学部が偏在している理由とはl

なんとなく、そうかなと 感じてはいましたが、やっぱりという感じです。 現在は、栄えていると思われている 東日本ですが、幕府を潰すために 様々なことが行われていたという事実。 そして、それが今の政党政治にまで 影響を多少な […]


「天皇の執刀医」が高校生に伝えたいこと ご存知、天皇陛下の執刀医といえば順天堂大学の 天野先生です。 以前は、数学、物理の得意な生徒が医師になっていたが 2000年ころからその重要な資質が変化している。 エビデンスドベイ […]


AIの力で医師の熟練の技を再現する。

医療機器ベンチャー、アイリスのCEOであり、医師である 沖山氏が熟練医師の診察スキルをAIを活用して行うことに 挑戦されています。 「将棋や囲碁の世界では、棋士が対局中にAIの力を借りることはできないが、 医療の世界はそ […]


遠隔診療プラットフォーム「LiveCallヘルスケア」の顧問に獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科医 小堀善友氏が就任

2018年より診療報酬に導入され、 方向性が模索されている、遠隔診療にまた、新たな ツールが見つかりました。 遠隔診療プラットフォーム「LiveCallヘルスケア」 LiveCallヘルスケアは、 総合遠隔コミュニケーシ […]


がんの情報についてどうやって収集すべきか?

東京都では、18歳以上の都民、約300名を対象に 「都民ががんに対して、どれだけ正しい知識を持っているのか」を調査し、 その結果を公表しました。 【がんがどのような病気であるか】について、 「自分が正しい知識を持っている […]


人生の最終段階で受けたい医療やケアについて調査結果が発表されました。

人生の最終段階で受けたい医療やケアについて調査結果が発表されました。 日本医療政策機構 https://hgpi.org/wp-content/uploads/b3008bbafa7d66ec03058c7fcb9938 […]


オンライン診療の事例がかなり出てきた模様

2018年から解禁となった「オンライン診療」 現場では戸惑いが多かったようです。 ここにきて、どのようなケースで有効で 患者さんにとってメリットがあるかが 明らかになってきたようです。 今回、保険適用となった高血圧や糖尿 […]


老健施設の経営環境悪化の兆し

2018年の診療報酬・介護報酬改定にて 老健施設が、「在宅復帰先」から除外された。 これは、多くの病院からの入所者の受け入れが 減ることを意味する。 いわんや、老健での稼働率がへる。 なおかつ、 2018年度改定では、さ […]