メディカルビジネスインサイト

医師事務作業補助体制加算の点数が引き上げられました。

医師事務作業補助体制加算の点数が引き上げれました。 確かに、弊社でも多くの医師の方の転職を支援しています。 しかしながら、多くの病院で専門の医療秘書を雇用出来て 医師の負担の軽減が出来ているところは稀です。 電子カルテや […]


200床未満の病院と、診療所が連携することでかかりつけ機能が根付くのか?

これからの、地域医療では、はっきりとした かかりつけ機能の線引きがなかった。 しかし、今回の診療報酬改定で打ち出された 内容は、200床未満の病院と、診療所はまず、 ファーストコンタクトで連携しなさいという 事です。 こ […]


延命治療の中止に関するガイドラインが公開されました。

①患者の同意   ②本人が意思決定できない場合は家族の推定が必要   ③治療中止はチームで判断倫理の優先順位も活用   ということです。 関連リンクはこちらからお願いします。 http:// […]


人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン(GL)が公表されました。

多くの医療の現場では、看取りがどのような 形で行われるか?は常に問題になる。 時には警察の介入もあるようです。 自身の父の場合は、そんな余裕もなく 突然、おなかが痛くなって、救急搬送されました。 いわば、内臓破裂が突然来 […]


病院が単独で、病棟を転換する時代が終わり、地域の実情を鑑みながら早期の決断が必要か?

2018年 診療報酬改定では、 急性期だけではなく、療養型に該当する 病棟にも変化がもたらされた。 これまで、駆け込み寺となっていた、 地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟 への要件が厳しくなった。 地域包括ケ […]


30年診療報酬改定の、病院関係では、中心議論はやはり、7対1入院基本料の変更でしょうか?

7対1入院基本料に、10対1までの緩衝地帯が設けられました。 様々な議論の余地はあるとは思います。 しかし、今回の措置は7対1にこだわる急性期病院にとっては 大変、助かる制度となるのではないでしょうか。 重症度をクリアす […]


excite ニュースに、”かかりつけ医療研究塾 第2回”が報道されました。

excite ニュースに、”かかりつけ医療研究塾 第2回”が報道されました。 https://www.excite.co.jp/News/release/20180314/Prtimes_2018-03-14-29606 […]


日刊工業新聞電子版にて、”かかりつけ医療研究塾 第2回”が報道されました。

日刊工業新聞電子版にて、”かかりつけ医療研究塾 第2回”が報道されました。 https://www.nikkan.co.jp/releases/view/30937


時事ドットコムにて、”かかりつけ医療研究塾 第2回”が報道されました。

時事ドットコムにて、”かかりつけ医療研究塾 第2回”が報道されました。 https://www.jiji.com/jc/article?k=000000003.000029606&g=prt


産経デジタルにて、”かかりつけ医療研究塾 第2回”が報道されました。

産経デジタルにて、”かかりつけ医療研究塾 第2回”が報道されました。 http://www.iza.ne.jp/kiji/pressrelease/news/180314/prl18031410420005-n1.htm […]