メディカルビジネスインサイト

7対1入院基本料100床あたり年間1100万円の減益

7対1の入院基本料が実質削減 される改定となりました。 こちらの記事でも指摘されているように 100床について年間1100万円の減益となります。 この減益は医師一人分の年間報酬となります。 最終的にどのようにして、病院は […]


思ったより早かった遠隔診療の導入へ

今回、テレビ電話による遠隔診療に診療報酬が算定可能になった。 しかし、どの程度、具体的なものが可能になるかは、まだ、不透明なまま。 今後、様々な事例の中で具体例が示されるだろう。 http://www.tokyo-np. […]


遠隔診療の方向性が示されたか?

「オンライン診療料」「オンライン医学管理料」が新設 2018年度改定では、情報通信機器を用いたオンライン診察や医学管理に対する評価が新設された。 オンライン診察では「オンライン診療料」(70点、月1回)、オンラインによる […]


診療報酬改定の発表がありました。

今回は、在宅医療の体制を整えている診療所に対して、加算がありました。 これは、より、連携を強化した診療所への加算と考えられます。 次回の弊社運営の、「かかりつけ医療研究塾」はその部分に 焦点をあてています。http:// […]


インフルエンザ予防接種について新たな発見

インフルエンザ予防接種について新たな結果が 出たようです。 日本は苦情から、任意になったことで再び、感染者が 増加した。 それを見た、他国では減ってきているという 事です。 個人的には、中学生時代に、うけたはずですが、 […]


診療報酬改定後3か月以内に新体制を作り、赤字期間 無しに、地域1番店であり続ける方法とは?

病医院経営者様、経営幹部の方へ “診療報酬改定後3か月以内に新体制を作り、赤字期間 無しに、地域1番店であり続ける方法とは?“ 平成30年診療報酬改定を読み解き、外来と在宅医療の両立を 目指す“かかりつけ医療研究塾”が開 […]


在宅医療に携わる医師にとって負担の大きさは?

かかりつけ医師の負担を調査した結果が公表 されています。 1.在宅患者への24時間対応 2.患者に処方されているすべての医薬品の管理 3.患者が受診しているすべての医療機関の把握 となりました。 逆に言うと、このような内 […]


ヘルスケアリートのことはご存知でしょうか?

ヘルスケアリートのことはご存知でしょうか? ヘルスケアリーとは、 リートを医療介護に応用したものです。 これまで、多くの病院や介護施設が建設されてきました。 建築には多大な費用がかかります。ほとんどの場合は 理事長などの […]


2025年に向けた在宅診療所経営の在り方 ~在宅療養支援診療所経営と地域連携について~

公益社団法人 医業経営コンサルタント協会 東京都支部 在宅医療・訪問看護研究会 笹本 和伸 2025年に向けた在宅診療所経営の在り方 ~在宅療養支援診療所経営について かかりつけ医療が重視される医療行政に対して、対応可能 […]


公益社団法人 医業経営コンサルタント協会 東京都支部 診療所研究会 池田 利彦

公益社団法人 医業経営コンサルタント協会 東京都支部 診療所研究会 池田 利彦 保険外診療を導入した診療所の経営戦略に関する考察 池田 利彦(診療所研究会) 保険外診療を研究した結果に関する考察です。 こちらから、発表研 […]