新着情報

AIの医療との親和性を探る旅

  手首骨折の検知* 手首骨折検査ではEnliticの技術を使うと放射線医が検査1件するのに要する時間で数千のX線分析ができます。 国際的な主要医療機関との協力による手首X線のベンチマークテストでEnlitic […]


人工知能による肺がんの検知のケーススタディ

それではEnliticによるケーススタディを 紹介します。 ケース・スタデイー 肺癌の検知* Enliticの技術は放射線医よりも50%高い正確度で肺癌結節を検知することができます。   公開データ1では、CT […]


ディープラーンニングを使っていかに診断するか?

これまで放射線診断の現場では、読影の医師が手作業で 一枚一枚を読んでいたということです。 私どもで、提携するディープランニングで画像診断を行う、Enliticでは 以下のように説明しています。 「Enlitic どう機能 […]


日本の医療で人工知能を活用することは可能なのか?

現在、多くの分野、特に、交通関係(自動車業界)などで、盛んにAIの 活用が叫ばれています。これは意図的である無い含めて、事故の防止を 防ぐためには重要です。しかし、日本の交通事故は実際には減少している ことも事実です。い […]


AIは放射線化医師の業務を効率化、軽減可能か?

前回から引き続きご紹介しているディープラーンニングで 放射線科の読影を行う、「Enlitic」のご紹介です。 「当社のサービスは社会に好影響を与える最大の機会であると考えています。 当社の日常業務は癌検知および治療プラニ […]


人工知能は医療を変えるか?

巷では、人工知能が話題です。 つい先日も、囲碁の世界、将棋の世界で 名人と言われる人を、人工知能が破りました。 それだけ、コンピューターが人間の知識や経験知を凌駕する 時代が来ていることの表れでしょうか。 私共も、医療分 […]


人工知能(ディープラン―ニング)を用いた医療機関向け画像認識

今回は、2016年10月にシリコンバレーにてミーティングを 行った、ディープラーンニングで医療用画像認識技術を提供する 企業の紹介を行います。 Enlitic まずはこちらの企業のフライヤーにある企業紹介から 「ディープ […]


メディカルビジネスインサイト【連載告知】

  はじめまして。 わたくしは現在、公益社団法人医業経営コンサルタント協会にて認定医業経営コンサルタントとして、 在宅医療・訪問看護研究会にて研究活動を行っております、五十嵐淳哉と申します。   私ど […]


転職成功事例07:内科医師から手技を身につけて美容の医師に

私はこれまで開業医として自分の医院を10年程、経営してきました。 しかし、自分が思っていたほど患者さんが来ませんでした。 内科医院ということもあって、他にもたくさんあるので仕方がないと 思っていました。 元々、手技を身に […]


転職成功事例06:これまで私は、医師としての時間を病理医師として 費やしてきました。

これまで私は、医師としての時間を病理医師として 費やしてきました。 病理の学会では数多くの発表もしました。 そして、3年前に定年になりました。ただ、まだ息子が 在学中ということもありしばらくは働くつもりでした。 健康状態 […]