新着情報

大病院の基準が下がることで病院経営にどのような影響が・・・

いわゆる、大病院の基準が500床から400床に引き下げられました。 また、病床も許可病床という名目に文言も変化しました。 これは何を意図しているのか? いくつかの論点があります。 1.再診時に2500円以上の上乗せを義務 […]


オンライン診療の事例説明の記事です。

オンライン診療が、保険適用になった ということでしたが、一体、どうすれば いいのか?というのが多くの医療関係者の 疑問だったのではないでしょうか? 対象は継続した治療が必要な患者さんで 3ヶ月に1回以上は対面診療が必要で […]


人間と羊のハイブリッド胎児の作製に成功

臓器移植の順番待ちの課題を解決するために 様々な研究が行われているようです。 キメラ(異なる2種の生物に由来する細胞をあわせ持つ生物)を作ろうというのもそうした 試みの一つで、ブタやヒツジの体内で人間の臓器を育てる方法を […]


かかりつけ医機能、要件の緩和

今回の診療報酬改定で、開業医師にとっての目玉の一つは かかりつけ医機能要件の緩和ではないでしょうか? 地域包括診療料では「常勤医師2人以上配置」の要件が、 「常勤換算2人以上の医師配置、うち1人以上が常勤医師」に変更され […]


耐性菌の広がりの抑止策が診療報酬に導入されました。

耐性菌の広がりの抑止策が診療報酬に導入されました。 以前は、抗生物質は頻繁に処方されていたような気がします。 しかしながら、これからは耐性菌の拡散を抑止する為に 新たな仕組みの登場です。 今回の診療報酬改定以降、 風邪や […]


地域包括ケア病棟での診療報酬が引き上げられました。

地域包括ケア病棟が新設され、4年が経過しました。 ある種、駆け込み寺のような形で利用されることが 多かった地域包括ケア病棟でした。 ここで、自院や他院からの転棟、転院と自宅からの 入院を分けて点数化されるようになりました […]


da vinci 手術の保険適用が拡大されました。

2018年診療報酬改定にて da vinci 手術の保険適用が拡大されました。 しかしながら、問題は、ロボット加算がつかなかった ということ。利益については、 これまでの、従来の腹腔鏡下手術はほぼ同等という ことです。メ […]


遠隔診療関連の株価が上昇基調のようです。

遠隔診療関連の株価が上昇基調のようです。 これから、2025年にかけて、 団塊世代が75歳を超えてきます。 それに向けて、診療報酬に遠隔診療加算が 新設されました。 また、それを見越して、いくつかの先進企業が 技術を競っ […]


遠隔死亡診断が可能になりました。

遠隔死亡診断が可能になりました。 これまで、看取りの後の、死亡診断は医師の 立ち合いが原則でした。しかしながら、 今回は遠隔にて死亡診断が可能になりました。 ただし、いくつかの要件が必要になります。 (ア)定期的・計画的 […]


7対1入院基本料100床あたり年間1100万円の減益

7対1の入院基本料が実質削減 される改定となりました。 こちらの記事でも指摘されているように 100床について年間1100万円の減益となります。 この減益は医師一人分の年間報酬となります。 最終的にどのようにして、病院は […]