「うるさい患者さんほど病気が治りやすいというデータもある」

「うるさい患者ほど治りやすい」・・・自分の病気と薬のことは勉強するように。

新田クリニック院長の新田國夫医師はかかりつけの薬局とともに、かかりつけの医師を持つことを強くすすめる。

「専門医は自分の専門領域でのみ、患者を診察するため『今のんでいる薬は治療に必要だ』と言うでしょうし、

専門外の病気でのんでいる薬はおそらく減らせない。求められるのは、その人の生活を含めて全体を見てくれる、

かかりつけ医の存在です。個人の状況に応じて不必要な薬を判断し、患者と相談することで最小限にすることが

できるでしょう」(新田さん)

調剤薬局で、よく、他の薬を飲んでいるか聞かれます。

飲み合わせが悪いものもあるようです。

https://blogos.com/article/366862/

いずれにしても、今までは、薬や、症状のことは

医療関係者にしか、わからないことが多かった。

しかし、今の時代は、自分の飲んでいる薬くらいは

検索すれば出てきます。最低限自分の、病気と、飲んでいる

薬についてはよく理解していた方が患者としては安心感があり、

また、特に長く飲む場合はどうなるのか?ということも

十分に理解したほうがいいでしょう。

ログイン

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索