看取りの現場の医師と看護師が考える、 最善の最期の迎え方とは

看取りの現場の医師と看護師が考える、 最善の最期の迎え方とは

人は自分の死を自覚した時、あるいは死ぬ時に何を思うのか。そして家族は、それにどう対処するのが最善なのか。

大変、勉強になる記事でした。

人生最後の時を診れる立場は、医師、看護師、
家族だけです。

そして、家族は、まれにしかない。

多くの人が亡くなる場面に遭遇するのは

医療関係者しかいないのです。

そのような方からの助言は大切です。

ギリギリまで、元気で自分で動ける

なおかつ、自分の死期が分かっている。

そうでないと、準備が出来ないので。

家族も、本人も、準備をしたうえで

死期を迎える。

ここが重要かと思いました。

そのためには、家族も、本人も

日常生活、食生活、健康状態を

理解してともに生活することが

重要な気がします。

https://diamond.jp/articles/-/199912

ログイン

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索