地方の医療格差はテクノロジーで解消へ、

地方の医療格差はテクノロジーで解消へ

地方の医師不足に代表されるような医療の地域間格差はどう縮めるべきか。

「人は長生きするようになったし、今後もさらに長生きするようになると思うが、

臓器に関しては50年が“耐用年数”の目安だ。例えば腎臓の耐用年数を延ばすには、

濃い成分を濾過させないことが効果的。水分を多く取れば、それだけ腎臓の負担を減らすことができる。

また、ストレスをため込めば心だけでなく体を物理的に悪くする。こういった基本的な努力をしていれば、

医療技術がより発達するこれからの時代に、その恩恵を受けられる側でいられるのではないか」

奥先生の言葉です。

当たり前のことですが、多くの人が病気で苦しむ理由は

本人にもあるということです。

不摂生を続ければいくら、最先端の医療でも

意味がない。ストレスをため込めば精神から

身体の不調につながるということです。

ここで重要なことは、そうはいっても、

多くの医療が医師がその場に不在でもできる

ようになったということです。

これは大きいのではないでしょうか?

今の医療は細分化していて、なかなか、

他科目、他分野のことはその専門家に

コンサルテーションしないとわからないという

事です。

それを補うのが、遠隔診療であり、遠隔の治療である

ということです。

3年先はどうなっているのか大変楽しみです。

https://newswitch.jp/p/17447?from=np

ログイン

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索