MR(Mixed Reality/複合現実)によってオペに挑む

手術中に臓器の3Dモデルを目の前に表示する医療用ツール 米国で認証取得

米国のスタートアップMedivisは、マイクロソフトのMRデバイスHoloLensを用いた

手術向けツールでFDA(米国市場で医療機器を販売する際の認証)を取得しました。

ここの、記事だけでは正直理解が難しいとは思います。

しかし、

MR(Mixed Reality/複合現実)を利用して、オペを

行っていくということらしいです。

また、そのデバイスはマイクロソフト社のHololensで

あるということ。このようなことが可能になれば、

より、可視化することで多くの研修医もわかりやすく

学べることはもちろん、患者さんへの説明もしやすくなります。

もちろん、オペの成功率も飛躍的に上がるでしょう。

https://www.moguravr.com/medivis-surgicalar/

ログイン

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索