がんを尿1滴から発見 「線虫」のスゴ技を実用化へ

がんを尿1滴から発見 「線虫」のスゴ技を実用化へ

がんを尿1滴から発見 「線虫」のスゴ技を実用化へ

面白い方法で、癌が発見できるようです。

このようなことに関心を持っている人は

知的好奇心が極めて高い人だと思います。

いろいろなことに関心があって、自分の研究や

仕事に役立つことはないか?

または、今までに気づいてないが、面白い

発見はないかと、気持ちを巡らせているのでしょう。

今後、このようなことがノーベル賞につながる

発見になると面白いですね。

ただ、昨日のクローズアップ現代での

ノーベル賞受賞の吉野フェローが言われて

ました。「今回の発明は100万分の1だったと。」

ということは、100万回の思考のトライがあった

ということ。別の意味でも言われていたのは

「でも、1回失敗すると、次はそれを生かして、

もっとうまくやるから少しづつ効率が上がる。」

ということも言われてました。

最初の1回目の失敗と、99万9999回目の失敗は

このような意味で大きな違いがあるという

ことですね。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000165787.html

ログイン

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索