「がん」を瞬時に判定するAI登場、正答率は病理専門医に迫るほど

「がん」を瞬時に判定するAI登場、正答率は病理専門医に迫るほど

ついに「がん」の病理診断もAIに任せる時代が到来しそうだ。

AIブームの波はかなり高い印象。

まだまだ、医療分野では続きそうな感じがする。

確かに、今まで、医師の勘と、経験に頼った部分も

あった分野では、膨大な蓄積データによって

瞬時に学習が終了してしまうだろう。

というのは、例えば、ケンブリッジ飛鳥が

いくら足が速くても、佐川急便や、ヤマト運輸が

採用しないのと同じように、いくら、暗記力や

事務処理能力が高い、人間がいても、もう

AIには太刀打ちできないということです。

それはアインシュタインでも同様でしょう。

比較の次元が違うということです。

今後は医療分野だけではなく、多くの分野で

それは起きてくる。確かに、ググればわかることを

大学入試で聞くことはナンセンスであり、

今の、日本の大学入試自体が古いコンテンツ

になってしまっているということは紛れもない

現実です。

https://www.nature.com/articles/s41598-020-58467-9

https://ledge.ai/cancer-ai-diagnose/

ログイン

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索