国内初の新型コロナ髄膜炎ということの意味は?

国内初の新型コロナ髄膜炎

国内初の新型コロナ髄膜炎

島田学長は「新型コロナが中枢神経を侵すことがあることを示す重要な症例だ」と語った。

この発見は確かに、恐ろしい指摘であると思う。

これまでは、ほとんどが、肺炎で死に至るか

又は回復するということだった。

しかし、なぜか、メディアの論調も

このように恐ろしい部分をことさら煽って

いるような気もする。

もっと、無事に回復した人も報道もあって

しかるべきと思う。

また、たとえ、このような新たな発見も医学界では

重要な発見であるが、一般の人にとっては危険性が

ましただけで、鬼の首を取ったように自慢げに

今、発表することだろうか?

もっと、症例を重ねたうえで、またはエビデンスを

見せながら話してほしい。

感染研が「データを独り占めしたい」という

岡田教授(白鷗大)の言い分もあながち

大げさでないような気もしてくる。

https://www.sankei.com/life/news/200308/lif2003080033-n1.html

ログイン

資料ダウンロード

おすすめ動画

転職・アルバイトをお考えのドクターの方へ

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索