紫外線でウイルスの感染力を失わせる試作機を開発 ビタミンD3を出すには日光浴を

紫外線でウイルスの感染力を失わせる試作機を開発 ウシオ電機

紫外線でウイルスの感染力を失わせる試作機を開発

ついに、出てきたという感じでしょうか?

免疫という言葉に敏感な方には

なじみがあるかと思います。

人間には、ビタミンD3というホルモンが

日光浴によって出てくるといわれています。

ちょうど、植物が光合成を行って

ずんずん、成長していくのに似ています。

植物の場合は、ビタミンD2です。

これには訳があって、熊が陽のでない時期、

12月~3月冬眠するのは、ビタミンD3が不足する

からです。

ビタミンD3の不足によって、人間も冬の間は

体調を壊し、病にかかる人が多いといわれています。

実際に、12月~3月はそれ以外の月より、圧倒的に

死亡者数が多いというデータも出ています。

単に、寒さで亡くなるとも言えません。

本来は、熊のように人間も冬眠して、体にある

エネルギーで冬は過ごしていたようです。

そして、暖かくなると、日光浴してビタミンD3を

出して元気になるという循環でした。

しかし、1930年代に、日光浴をすることで

病院や、薬が売れなくなったので、慌てて

日光浴は体に悪いという説を唱えだしたのが

ビタミンD3悪者説です。

2017年頃より、アメリカでも、このビタミンD3

が免疫を上げるということが盛んに言われだしました。

日本でも本は翻訳されていますが、まだ

理解者は少数です。

今回のウシオ電機さんの、紫外線でウイルスの

感染力を削ぐというのはここにあるのでしょう。

いずれにして、早い、試作結果が待たれます。

https://www.kyodo.co.jp/release-news/2020-03-09_2585227/

ログイン

資料ダウンロード

おすすめ動画

転職・アルバイトをお考えのドクターの方へ

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索