太陽光殺菌で、新型コロナウイルスと戦うには・・・

新型コロナウイルス、太陽光で急速に不活性化 米研究

重要な研究が出てきました。

日本のような、夏場に高温多湿の

気候では新型コロナウイルスの活動が

抑えられるようだということです。

具体的には、

「ウイルス量の半減期は、気温21~24度、湿度20%の無孔質の表面で18時間だった。

無孔質の表面には、ドアノブやステンレス製品の表面などが含まれる。

しかし、湿度が80%に上昇すると、半減期は6時間に減少し、

これに太陽光が加わると、わずか2分にまで減少した。

また、新型ウイルスが空気中に漂うエーロゾルの状態になった場合の半減期は、

温度21~24度、湿度20%で1時間だった。これに太陽光が加わると、1分半にまで減少した。

必ずしも、これだから大丈夫というわけではないでしょうが、

感染率は大幅にダウンするでしょう。

人工的に太陽光に近い状態を作り出すことが出来れば

それによって殺菌も可能でしょう。

早く対応が可能な製造業が出てくることを祈ります。

https://news.livedoor.com/article/detail/18168673/

ログイン

資料ダウンロード

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索