4月29日の米株式市場でギリアドの株価は一時、8%余り上昇した。

ギリアド、レムデシビルが主要評価項目達成-新型コロナ臨床試験

いろいろな情報が錯綜しています。

重症者には、レムデシビル、

軽症者にはアビガン。

といった区分けになるのでしょうか?

いずれにしても、感染爆発の山を

少しずつ小さくしていくしか方法は無い。

通常のコロナウイルス(風邪)の抗体も

約7カ月しか持たないらしいです。

新型コロナウイルスの抗体もそれくらい

しか持たないと、このまま、気温が28度を

超えて、ある程度終息を迎えたとしても

11月頃には、再び、感染が広まる恐れが

あるらしいです。

それまでに、しっかりとした治療体制が

整うことを祈るばかりです。

そうでなければ、集団免疫でしょうか。

しかし、世論が集団免疫は許さないでしょう。

ギリアド、レムデシビルが主要評価項目達成-新型コロナ臨床試験

https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-04-29/gilead-remdesivir-trial-for-covid-19-has-met-primary-endpoint

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-04-29/Q9JVSGT1UM0W01

ログイン

資料ダウンロード

おすすめ動画

転職・アルバイトをお考えのドクターの方へ

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索