基本的には高齢者に政策のターゲットを絞るべきです。若者の行動自粛ではなく

元厚労省技官が断言「1カ月自粛してもコロナは収束しない」

木村 盛世先生の意見には原則として

賛同せざる得ないでしょう。

テレビでも、東国原元宮崎県知事と

討論していましたが、全く問題に

なりませんでした。

東国原元宮崎県知事は十分な準備

不足で、木村 盛世先生の意見

「集団免疫を得るには、人口の6~7割程度は、新型コロナに感染しなければいけません。

日本は、諸外国に比較して致死率は低いですが、死者は数十万人単位になるという試算

もあります。“医療崩壊” の危機は、ひっ迫した問題です」

木村氏は、次のような方向転換の必要性を説く。

「全員予防ではなく、重症化しやすい人、基本的には高齢者に政策のターゲットを

絞るべきです。若者の行動自粛ではなく、いかに高齢者が人との接触を減らせるか

に焦点を当てるべきだと思います。

それ以外の人は、なるべく普通に暮らしながら、集団免疫の獲得を目指す。

賛否両論あるとは思いますが、真っ向から否定することではないはずです。

いずれは、ほとんどの人が感染するのですから、陽性患者全員を隔離するのも非現実的。

同様に、日々の新規感染者数に過剰反応するのも、意味がないと思います」

これは、別に難しい論理を言っているわけではないので

テレビの前にいる人はほとんど理解できること。

これに反論することはポジショントーク(忖度する話)が

あってテレビに出ているからではないでしょうか。

正論を受けとめて、現実から逃げないで、自分の得になる

ことを発言するキャスターをテレビに出さない方針を徹底するだけで

国民はテレビを信用するはずです。

今のテレビはうそのオンパレードで信用が揺らいでいることは

作っている人も、出ている人も良く理解しているはずです、

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200502-00010001-flash-peo

ログイン

資料ダウンロード

おすすめ動画

転職・アルバイトをお考えのドクターの方へ

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索