ドクターもオンライン面接対応仕様への、変化が重要な時代へ

オンライン面接が、採用の中心となっていくのか?

コロナ禍で採用活動に変化、企業の86%でオンライン面接を実施--米Gartner調べ

まだ、先の話と感じていたことが

米国でも現実になりつつあります。

移動は感染のリスクがある。

また、面接は、3密の代表格みたいなものである。

企業の活動の中で、社員や、候補者を危険に

晒す可能性があることは企業経営者なら

誰でも避けたいはずです。

特に、企業規模が大きくなればなるほど、

レピュテーションリスクは避けないと

いけない。

SNSがこれほど、発達した現在は、

すぐに悪いうわさは広がります。

そうなると次は、オンライン面接に如何に

対応していくか?

さらに、うまく活用していくことで

一足先に行くことも可能です。

それはいち早く考えた方がいいと思います。

採用する側も、採用される側も同様だと

感じます。

https://japan.cnet.com/article/35153361/?ref=newspicks

ログイン

資料ダウンロード

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索