嘘の感染者数から逃げずに、真実に向き合う

虚構の感染者数が落ち着いた今こそ、正しいデータを取るための準備を!

「日本のミラクル」は虚構の産物か?

実は日本の死者数は急増していたという現実。

今回の新型コロナウイルスのデータについて

専門家委員会に対して鋭い指摘をされている

山梨大学学長の、島田先生のご意見です。

日本は、4月11日頃の変曲点以降、右肩上がりで死亡者数が増加し続けている。

5月16日時点の人口10万人当たりの死亡者数は、日本が0.57に対し、韓国が0.51、ニュージランドが0.43、

オーストラリアが0.39、マレーシアが0.36、中国が0.35、台湾が0.03であり、この時点でも西太平洋地域の中ではフィリピンの0.76に次いで高い水準にある。

シンガポールは0.37、インドネシアは0.40、タイは0.08、ベトナムとカンボジアは死亡者数0など、いずれも日本より低い水準となっている。

5月16日時点の人口10万人当たりの死亡者数は、死亡者数が頭打ちになっている同地域の他国に対し、フィリピン、インドネシアと同様に日本は、

右肩上がりの死亡トレンドとなっている。この傾向が続く限り、日本の人口10万人当たりの死亡者数は、同地域の国々から乖離して上昇していくことになるだろう。

感染者数を抑えて、表面上を取り繕っても何も解決しないということ。

現実から目を背けないで、自分の姿を見るべきという助言だと思います。

学生時代に、試験の点数が悪いことを隠しても、

最後はしっぺ返しが来る。

やはり、すべて、逃げ続けてきた人が国家の最高責任者だから

国民全体も逃げ続ける習慣があるのでしょうか?

せめて、周囲の人間が逃げずに、正しい数字と現実に向き合わないと

間違いなく、東京オリンピックなど夢か幻である

ことは今の日本に住んでいる人は、誰でも理解が出来ると

思います。

https://www.m3.com/news/iryoishin/774328?dcf_doctor=false&portalId=mailmag&mmp=MD200520&dcf_doctor=false&mc.l=609393538&eml=e6103d2b5a4324afe2d7759ce7917a03

ログイン

資料ダウンロード

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索