集団免疫は、本当は最も、早い解決策だったのか?

世界で唯一の集団免疫策の国、スェーデンの方法が有効に推移している

徐々に明らかになりつつある

各国で異なる、コロナ対策の結果は?

「スウェーデンは強制的な封鎖や移動制限、飲食店への休業命令などを導入せず、

国民にできるだけ外出を控えるよう要請するという緩やかな対策を実施している。

その上で重篤な発症者を出さず、医療破綻を避けながら経済や国民生活にも過度な

ダメージを与えず、集団免疫を獲得していくという戦略を実施している。」

様々な避難にも関わらず、

集団免疫を獲得する方法を貫き通したスェーデン。

現在は、2019年とそれほど変わりない日常を過ごしているようです。

確かに、今は、日本でも喉元過ぎれば的な空気が流れてきました。

真実はどうなのか?

それは最後まで、正確な回答はわからない。

正解が無いというのが真実でしょう。

しかし、持病がある人、又は

免疫力が落ちている人が重篤な状態になっているのは

事実です。

ただ、ここで言えるのは、スェーデンの方が経済が

痛んでいない。

財政出動もなく、失業者も多くないだろうという

こと。

また、驚くべきことに、

「5月10日の時点で、人口100万人あたりのスウェーデンのコロナ死者数は314人である。

 ロックダウンを続けている他の欧州諸国を見ると、人口あたりの

死者数がスウェーデンより多い国はベルギー751、スペイン566、イタリア502、英国475、

フランス392、オランダ316となっている。3月から完全にロックダウンをした英国と比べても、

スウェーデンは好成績だ。」

死者数も、他国に比べて低い。

それだと、ロックダウンが意味があったのか?

という議論が再燃していく。

昨日は、東京アラートがあったようです。

都知事再選に向けての、パフォーマンスという

声もあるが、東京といっても、広いので、

新宿だけに限定して、何かの施策、例えば、

新宿の繁華街のみ封鎖してみるなども

考えてもいいのではないか?

ようやく、戻ってきた活気に水を差すような

事態にならないことを祈る。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2ea238aae186824804d592f69fb89929f4edfbba?page=1

ログイン

資料ダウンロード

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索