コロナ後の後遺症が心配だということ。

普通に考えると、これからの時期は流行は収まるのでは?

気温や湿度と新型コロナの関係

感染症専門医の忽那先生の

記事では、

温度・湿度が高い地域では、低い地域よりも新型コロナは伝播しにくいようです。

しかし、今も、感染者が出ていることを

感がると油断は出来ないということのようです。

しかし、たまたま、最前線で

患者さんにお会いになっている

別の病院の感染症専門医の方に

お会いして聞いたところ

不気味な話をされていました。

明らかに、熱があって、CTからも

影が映っている患者さんに

PCR検査を行っても、陰性に

なる。

どういうことか、わからない。

だから、当院のコロナ病棟はほぼ

ガラガラですよ。ということでした。

気温と湿度が上がると、PCRも陽性に

なりにくいのか?

気になる話としては、4%の後遺症が

残るということです。

認知症が進むとか、持病が悪化するようです。

確かに、高齢者、持病のある方が

長期間に高熱に晒されて、持病が悪化

する事実も説得力があります。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200613-00183109/

ログイン

資料ダウンロード

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索