スエーデンの現状はどうなのか?

スウェーデンの集団免疫の結果は?

スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、死亡率で世界最悪レベル

一体、何が真実かは後にならないとわからない。

10年後になっても、わからないかもしれない。

それは、本当の集団免疫を持っているのはどの国か?

ということである。

https://news.yahoo.co.jp/articles/653ce71050f5004c4b6e8b6b7b18d5974836e80e

少し古いが、こちらの記事では、スエーデンでは

集団免疫を後悔しているのではないか?

という感じである。

そして、

もっと古い記事であるが

京都大学大学院医学研究科の上久保靖彦特定教授

が唱えているのが、既に日本人は集団免疫を

獲得しているということである。

https://news.yahoo.co.jp/articles/24f74208d7c271723fe24bcd5163f1122588b07c

というのは、同じ新型コロナでも種類がいくつか

ある。

「簡単にいうと、日本ではまったく無自覚のうちに、

1月中旬に中国発の弱毒性『K型』が流行のピークに達したということです。

中国からの厳密な入国制限が3月中旬までもたついたことが幸いし、

中国人観光客184万人を入国させ、国内に『K型』の感染が拡大して

集団免疫を獲得したとされます。」

要は、K型のおかげで、

凶悪なG型に感染せずに

最悪の事態にならなかったということである。

また、最近の週刊現代の記事でも

同様の記事が掲載されている。

しかし、いずれにしても気を付けて

いかないといけない。

12月の時点では、その結果がある程度

分かるようになると思う。

本当にK型の集団免疫だけで、

G型に罹っても悪化しなかったのかは?

その時に改めて検証されるだろう。

ログイン

資料ダウンロード

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索