ワルファリン感受性との関係は?

ファクターXを探す旅は・・・

日本のコロナ死亡者数はなぜ少ない? BCGに続く「ファクターX」もう一つの有力候補

もう一つの有力候補「ワルファリン感受性」

既に、多くの日本人が知ることになった

ファクターXの一つ、BCG(結核予防注射)は

かなりの確度で要因ではないかと言われています。

東北大学大学院医学系研究科の大隅典子教授は

それでも、他にもあるのではないかと

「ワルファリン感受性」に着目されています。

「ワルファリンが効きやすい遺伝子のタイプの人は、

ワルファリン服用の有無にかかわらず、血栓ができにくい

体質を持っており、このことが新型コロナウイルス感染症

の重症化を防ぐことに繋がっているのかもしれない」

但し、これは、アフリカ系の人には効きにくく、

東アジア系の人に効きやすいということです。

結果から言うと東アジア人は重症化しにくいという

ことらしいのです。

しかし、これを探すことは膨大なデータを集めないと

結果はわからないはずです。

今の段階では仮説です。

多くの著名人や、俳優、野球選手までもが

罹りました。

亡くなった方も多いです。

しかし、最終的には重症化するかどうかは

罹ってみないとわからないということは

事実で変わらないようです。

文春さんでは、自分でできるだけ気をつけてくださいね。

で締めています。

確かに、100年前は、インフルエンザも結核も

不治の病でした。

そして、35年前はエイズもそうでした。

しかし、人類は克服してきました。

今回は治っている人もいますが

遺伝子が変異するからまた、罹るという

話もあります。

2020年の7月の末の段階では、未だ

得体のしれない病気です。

多くの人が犠牲になる前に、

正体が明らかになる事を祈るしかないの

でしょうか?

そして、少なくとも、自分の身の回りには

気を付けていくしかないのでしょう。

現時点では。

https://news.yahoo.co.jp/articles/26eb3f7720baa84ba08e3786859ed9f79de35c80?page=2

ログイン

資料ダウンロード

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索