トップアスリートにまで危害を与える可能性のある感染症

恐ろしい事実が判明、新型コロナに罹った後に、たとえ、無症状でも、後遺症の後に、重篤化の危険性

コロナ無症状でも心臓に炎症…重篤化の危険性を専門家指摘

 論文によると、100人のうち78人の心臓に何らかの異常が発覚。

また、60人の心筋に進行中の炎症が認められた。

こうした症状は、感染前の体の状態や重症度、症状の経過とは無関係だったというから驚きだ。

確かに、無責任なことは言えないが

某人気プロ野球チームの

人気選手が、シーズン前に抗体検査で

陽性だった。

しかし、その後、無症状ですぐに復帰した。

しかしながら、昨年までのプレーとは

異なり、動きに精彩を欠いているように見える。

これは、医学的にも完治という状態だから

復帰したはずである。

しかし、もし、何らかの後遺症として

心臓組織に炎症や、ダメージが残ったら

野球などの繊細なスポーツにとっては

致命傷となる可能性が高い。

そうでなくてもトップアスリートは

微妙なさじ加減でプレーしている。

出来れば罹患しない方がいいはずである。

と言って、いつまでも家にいてもしょうがない。

それでご飯を食べているし、職業であるから。

今後、スポーツというものの立ち位置まで変える

可能性をこの感染症は持っているかもしれない。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/276705

ログイン

資料ダウンロード

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索