武田薬品と言えば、日本屈指の製薬メーカー、選択と集中が必要ということか・・・

武田薬品と言えば、日本屈指の製薬メーカー、選択と集中が必要ということか・・・

武田薬、大衆薬事業をブラックストーンに売却 医療用薬品に注力

武田のクリストフ・ウェバー社長は会見で「武田は医療用医薬品にフォーカスしており、

コンシューマー事業には十分なレベルの投資が難しい。

成長のためにベストな結論」と売却の理由を説明した。

同社は、消化器系疾患、希少疾患、血漿分画製剤、オンコロジー(がん)、

ニューロサイエンス(神経精神疾患)の5つの領域を主要領域と位置付けている。

この報道から何が見えるのか?

大衆薬は、新薬開発に投資を行いながら

回収できるほどの、魅力的な市場ではなくなった

という現実を示している。という見方もできる。

但し、別の見方としては、

武田薬品はそのような大衆薬を製造したり

販売したりするタイプの企業ではないという

結論に達したということでしょう。

多くの企業が自分のポジションを明確にして

そこから競争戦略で勝てる方法を模索しています。

これは企業でなくても、個人でも同様です。

自分は何が出来て、何が出来ないのか?

客観的に見て、自分の得意分野を伸ばす

ことが出来れば、人生の時間で勝てる

確率が上がるだろうと考えるのは、

自分だけではないと思います。

https://newspicks.com/news/5171667/body/?ref=query-news

ログイン

資料ダウンロード

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索