オンライン診療は、これから1~3年でどうやって定着するのか?

アフターコロナの、行動変容を予測して、医療機関が”オンライン診療対策”をいかに行うか?

「かかりつけ医」によるオンライン診療は、患者が最も求める形

https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/column/00021/103000001/?P=1

内容に深みの無い記事ではありますが

今後の医療機関経営にヒントがあります。

「オンライン診療は、一度利用するとまた利用したいという患者が多いといわれている。

このことを勘案すると、既存の利用患者、利用希望患者、関心を持った患者を合わせると、

患者の半数がオンライン診療を活用するという未来が訪れる。

仮に、今の患者数で置き換えると、たとえば高血圧患者では497万人がオンライン診療を

受けることとなり、年間8950億円の医療費がオンライン診療経由となる。」

このインパクトは大きいような気もします。

一つの例を挙げると、

インターネット普及で、大きくなった業界

通販などを考えると、楽天、AMAZONなどは

存在しませんでした。

しかし、インターネット以前も通販は存在していました。

今の医療業界がこれに当てはまります。

これから、医療のインターネット通販がスタートする

ということです。

では一体、どうすれば、この流れに勝てるのか?

答えは簡単です。

まずは、取り組むことです。

正直、まだ、方法論が確立されていません。

まさに、ブルーオーシャン市場です。

取り組んで諦めずわからないなら、専門家に

相談する。

それによって、大きく先行者として

市場占有率が上がる可能性は大きいです。

医療機関はこれまで、箱物ビジネスでした。

しかし、箱が要らなくなったということです。

ここがスタートです。

ログイン

資料ダウンロード

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索