75歳以上医療費負担、2割に引き上げはどうなるのか?

75歳以上の高齢者の医療費自己負担を1割から2割に引き上げる制度改正を巡り、政府は住民税が課税されていない6割弱の人は引き上げの対象外にする検討に入った。

75歳以上医療費負担、2割に引き上げ 政府検討、住民税非課税は1割維持

現状、

多くの医療機関は外来診療が減っています。

正確なデータは検索に譲るとして

大まかにいうと、外来数は診療科目に

よりますが、14~18%程度は減少しているようです。

これはかなり厳しい数字だと思われます。

人件費は、同様にかかります。

その他の費用も節約は出来ない。

そうすると、収益は減るのは当然でしょう。

そして、今回の75歳以上の医療自己負担を

1割から2割に引き上げることはプラスに

なる事は無いでしょう。

政府が少し譲歩して、住民税が課税されていない

(年収約240万~155万円)人はこれまでと

代わらない1割負担となるようです。

このような制度変更は、徐々に厳しくなって

いくようです。

いつから施行されるかはわかりませんが、

高齢者の心理面における影響は少なくないでしょう。

一方では、ベーシックインカムの話題が昇ったりと

一体どの方向に行きたいのかは見えません。

英国、仏国方面ですと、医療費は無料の方向、

米国、中国の方向ですと、医療費自己負担の

方向です。

10年後には全くどうなっているか見えない

状況です。

https://mainichi.jp/articles/20201118/k00/00m/040/354000c

ログイン

資料ダウンロード

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索