周囲の協力で実現していく”在宅医療”について

在宅医療の方が治療費が高いのではないかという誤解について

在宅医療の方が入院して治療を受けるよりも値段が高い?

弊社では、2016年頃より、

新宿ヒロクリニックの英院長と共催で

「かかりつけ医療研究塾」を運営してきました。

その中では、正直、患者さんの負担についてそれほど

議論したことはありません。

多分、その在宅医療に掛かる費用が争点になった

事例が少ないからだと思います。

いい記事がありました。

「医療保険、介護保険の上限額は収入や年齢で異なりますが、例えば上限がそれぞれ8000円の

人であれば、看護師やホームヘルパーが毎日来て、点滴や介護を受け、

濃厚な在宅医療行為を受けても、1カ月の費用は1万6000円となります。

では、介護保険が受けられず、3割負担の医療保険のみの人は? 

たとえばがんの末期では月3万円前後、点滴のポンプやいろいろな機械を導入すると

月7万~8万円前後。高額だと思いますか? 

しかしこれでも入院時の費用と変わらないか、低いくらい。人生の最期の時間を自宅で

思うように過ごせるわけです。その価値は計り知れませんし、むしろリーズナブルではないでしょうか。」

あけぼの診療所院長の下山院長からの、お言葉です。

在宅医療では、医療機器も使えず、出来る事が

限界があります。

そのような状況では、関わる人も家族を含めて

最小限です。

日本のような先進国では人件費は高額です。

人が関わればそれだけ、費用がかさむわけです。

在宅医療は、出来るだけ、本人の力と家族の協力の

元で出来ることだけをやるための医療です。

そして、コロナ禍では、セルフケアも言われて

います。

先端医療でないと解決できないこともたくさんあります。

しかし、周囲の協力で実現していくことも大切である。

それが在宅医療だということなのでしょう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d4ce3d804122a276409963496034bd8da3f429d8

ログイン

資料ダウンロード

おすすめ動画

転職・アルバイトをお考えのドクターの方へ

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索