コロナ感染予防対策の一律加算が終了、10月以降の医療費に注目する。

コロナ感染予防対策の一律加算が終了、10月以降の医療費に注目する。

10月からは病院に対する国の補助金に切り替え

発熱外来設置や自宅療養者対応の病院には手厚い加算

幽霊病床の発祥の元になった補助金は以下です。

新たにコロナ病床を確保してくれる医療機関に対して、1床当たり、

重症患者向けが最大1950万円、中等症以下は900万円の補助金を支払うことを発表した。

通常の医療費に加えて、特例的な補助を行うことで、医療機関に対してコロナ病床の増加を働きかけたのだ。

こちらが今回の評判が悪かった内容です。

https://diamond.jp/articles/-/284812?page=4

そこに10月末で終止符が打たれ、次のフェーズに移行しました。

10月以降は、医療機関の感染防止のための経費として、診療報酬での加算ではなく、

感染対策の実績に応じた国の補助金(病院と有床診療所は最大10万円、無床診療所は最大8万円、12月末まで)

に切り替えられる。この見直しによって、患者が負担していた10円の加算(70歳未満の場合)もなくなる。

今後は実費を補助という形に切り替えのようです。

https://gemmed.ghc-j.com/?p=43480

感染防止の対策については比較的抑え目です。

しかしながら、リスクの高い、次のステップである

発熱外来、コロナ患者に対する自宅への往診へは

3倍から5倍の加算があります。

ここについては、医師と言えども、避ける方が多い部分です。

致し方ないのでしょう。

いずれにしても、終息を祈るばかりです。

https://gemmed.ghc-j.com/?p=43480

ログイン

資料ダウンロード

おすすめ動画

転職・アルバイトをお考えのドクターの方へ

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索