マイナンバーカードが保険証に 本格運用開始 今後の社会保障費の管理への期待

マイナンバーカードが保険証に 本格運用開始

マイナンバーカードが保険証に 本格運用開始

以前から言われていた、マイナカードの保険証への運用が動き出したようです。

但し、スタートはスローです。

というのは、医療機関の8%しか端末を導入していないということです。

しかし、将来を見据えると大きな可能性があると思います。

なぜなら、一つのカードで、病歴や、処方歴が管理できることで

医療機関側のデータがより充実してくる。

必然的に、無駄な薬や、医療機関への関与は減ってくるでしょう。

個人的にも、亡くなった母親は1回の食後に10種類以上の薬を

飲んでいた。

長期に渡ると必ず、体にダメージがある。

しかしながら、医師の立場から、総合的に薬を管理する

ことは無かったし、出来なかったと思う。

実際に、今後、年齢、体重、既往歴、持病などを

予め、マイナカードにインプットしておくことで

間違った処方、過度な診療は減ってくるのではないか。

特に日本の場合は社会保障費の伸びが大きすぎる。

社会保障費の是正にも必要なことだと感じる。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4386536.html

ログイン

資料ダウンロード

おすすめ動画

転職・アルバイトをお考えのドクターの方へ

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索